Example 2022.4.7

Your Bath Is Ready お風呂が沸きました

水面までの距離を測ることで、お風呂の水が貯まったことをお知らせします。 水面までの距離を測ることで、お風呂の水が貯まったことをお知らせします。

タグ一覧 Tag List

使っているVIVIWARE Cell VIVIWARE Cell

  • Core
  • Button
  • LED
  • Measure
  • Message Board

その他使っているもの Other Parts

  • Core、Branchを固定するレール
  • 両面テープ
  • Core、Branchを固定するレール
  • 両面テープ

 

VIVIWARE Cell Measure(以降、Measure Cell)を使うと、対象物までの距離を測ることができます。

対象物が「水面」でも測ることが可能なので、これを利用して、お風呂が貯まったら手元でお知らせする装置を作ります。

全体像

お風呂に設置するセンサー

橋を作ってVIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell LED(以降、LED Cell)、Measure Cellを固定し、隙間からMeasure Cellが水面までの距離を測れるようにします。

システムとしては本来LED Cellは必要ありませんが、あると動作チェックに便利です。(見ているときに楽しいですしね!)

 

手元に置くお知らせ表示

VIVIWARE Cell Message Boardと音声で、水が貯まったことをお知らせします。

VIVIWARE Cell Buttonを使って、測定開始と終了の操作をします。

プログラム

プログラム全体は以下の通りです。

 

プロジェクトシェア

 

プログラムと動作の解説

Button モジュールの4つのボタンのうち、どれを押しても、お風呂水面の測定を開始します。

Logical Operation モジュールORを使うことで、どのボタンを押してもTrueが送られるようにしています。

お風呂水面の測定を開始すると、Routine モジュールで5秒毎に水面までの距離を測ります。

Analog Memory モジュールで、測定する度にセンサーから水面までの距離を記憶し、一定の距離(ここでは8)を下回るか判断し続けます。

一定の距離を10秒間下回ったら、お風呂が貯まったと判定し、通知します。

お風呂が貯まった通知を受けたら、動作チェック用のLED Cellが点滅して知らせます。

Routine モジュールを使って0.5秒ごとに0と100を交互に切り替えることで、LED Cellを点滅させます。

動作チェック用のLED Cellと同様に、お風呂が貯まった通知を受けたら、メッセージ表示と音声でお知らせします。

Logical Operation モジュールで文字と音が同時に表示されるようにして、Routine モジュールで表示と音声が繰り返されるように指定します。

動画

 

おわりに

お風呂を題材にしましたが、実際は水を使っています。

湯気による機器への悪影響が心配だったので、本来は防水までちゃんと考えないといけません。

…が、今回は「水面」という、意外なものとの距離を測ることができる例として作成してみました。

距離を測るセンサー、Measure Cellで、身近なところにあるものとの距離をいつもと違う目線で見てみませんか?

 

 

(Created by Takashi Ando)

 

VIVIWARE Cell Measure(以降、Measure Cell)を使うと、対象物までの距離を測ることができます。

対象物が「水面」でも測ることが可能なので、これを利用して、お風呂が貯まったら手元でお知らせする装置を作ります。

全体像

お風呂に設置するセンサー

橋を作ってVIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell LED(以降、LED Cell)、Measure Cellを固定し、隙間からMeasure Cellが水面までの距離を測れるようにします。

システムとしては本来LED Cellは必要ありませんが、あると動作チェックに便利です。(見ているときに楽しいですしね!)

 

手元に置くお知らせ表示

VIVIWARE Cell Message Boardと音声で、水が貯まったことをお知らせします。

VIVIWARE Cell Buttonを使って、測定開始と終了の操作をします。

プログラム

プログラム全体は以下の通りです。

 

プロジェクトシェア

 

プログラムと動作の解説

Button モジュールの4つのボタンのうち、どれを押しても、お風呂水面の測定を開始します。

Logical Operation モジュールORを使うことで、どのボタンを押してもTrueが送られるようにしています。

お風呂水面の測定を開始すると、Routine モジュールで5秒毎に水面までの距離を測ります。

Analog Memory モジュールで、測定する度にセンサーから水面までの距離を記憶し、一定の距離(ここでは8)を下回るか判断し続けます。

一定の距離を10秒間下回ったら、お風呂が貯まったと判定し、通知します。

お風呂が貯まった通知を受けたら、動作チェック用のLED Cellが点滅して知らせます。

Routine モジュールを使って0.5秒ごとに0と100を交互に切り替えることで、LED Cellを点滅させます。

動作チェック用のLED Cellと同様に、お風呂が貯まった通知を受けたら、メッセージ表示と音声でお知らせします。

Logical Operation モジュールで文字と音が同時に表示されるようにして、Routine モジュールで表示と音声が繰り返されるように指定します。

動画

 

おわりに

お風呂を題材にしましたが、実際は水を使っています。

湯気による機器への悪影響が心配だったので、本来は防水までちゃんと考えないといけません。

…が、今回は「水面」という、意外なものとの距離を測ることができる例として作成してみました。

距離を測るセンサー、Measure Cellで、身近なところにあるものとの距離をいつもと違う目線で見てみませんか?

 

 

(Created by Takashi Ando)

Share

share
close

Share