Example 2021.10.6

My Morning Routine,
Case 1 - H.Nii
ニイヒデアキのMorning Routine

VIVIWARE社エンジニア、ニイヒデアキのMorning Routine! VIVIWARE社エンジニア、ニイヒデアキのMorning Routine!

タグ一覧 Tag List

使っているVIVIWARE Cell VIVIWARE Cell

  • Core
  • LED
  • Message Board
  • Motion

その他使っているもの Other Parts

  • 付属の大サーボLarge Servo (Included in the set)
  • 単3電池(4本)AA Batteries (4 pcs)
  • 工作用紙Craft Paper
  • のりGlue
  • 付属の大サーボLarge Servo (Included in the set)
  • 単3電池(4本)AA Batteries (4 pcs)
  • 工作用紙Craft Paper
  • のりGlue

先日、90分でアイデア出しから製作完了までやる、という「VIVIWARE道場」を社内で開催しました!
バズる作例を目指して、いくつかのチームに分かれてアイデア出しから始めました。

このチームでは、最初はおもちゃをつくろうか、と話していましたが、

ルーレット、ランダム要素、くじとかを作る?
でも、そういうのは見てる人が面白くないよね・・・
じゃあ、一回だけで印象的なネタを作ろう!

ということで、できあがったのがこちらの作品です。

仕組み

VIVIWARE エンジニア、ニイヒデアキの朝は花の水やりから始まる。

じょうろを傾けると、傾きを検知したセンサーから信号が届き、お花が伸びてLEDが光り、メッセージが流れます。

製作

まずは、じょうろをつくります。

スチレンボードでじょうろの形に切ったら、裏に傾きを検知するVIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell Motion(以降、Motion Cell)を貼り付けます。

爆速プロト大会なので、すぐにくっつけられるマスキングテープ・養生テープが大活躍!

ここにはVIVIWARE Cell Buttonがリセットボタンとしてついていますが、
後でシェアするプログラムでは使っていません

つぎは、花が伸びる機構です。

アイスの棒と割り箸を使ってマジックハンドのような機構にします。

上の写真の青い部分の割りばしを固定していないのは、縮んでいる時と伸びている時で支える位置が変わるからです。

また、この電池は電力供給には使わず、全体を浮かないように&花の部分が重さで降りてくるようにするために使っています。

VIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell Servoと電池パックは、鉢の下にまとめて設置します。

鉢の上から見たところ

プログラム

まずは全体像。

Motion Cellで傾きを検知し、一定の値(ここでは-20)を下回ったら、

  • サーボが動き、花が伸びる
  • 音が鳴る
  • VIVIWARE Cell LEDが光る
  • VIVIWARE Cell Message Boardに文字が出る

また、傾きが一定値を下回ったらリセットされるようにしています。

ぴかー!

プロジェクトシェア

 

久しぶりに社員が集まって、色々と話しながら一緒に手を動かし、それぞれの知識を活かして作品をつくることができました。

VIVIWAREでハッカソン、ぜひやってみてください!

本気の大人たち、製作中の一コマ

▼Instagram

View this post on Instagram

A post shared by VIVIWARE (@viviwarejp)

(Created by Hideaki Nii , Kazuhiro Maeda, Sunao Kogamemaru, and Rie Sakai. Written by Nui Taoka)

 

先日、90分でアイデア出しから製作完了までやる、という「VIVIWARE道場」を社内で開催しました!
バズる作例を目指して、いくつかのチームに分かれてアイデア出しから始めました。

このチームでは、最初はおもちゃをつくろうか、と話していましたが、

ルーレット、ランダム要素、くじとかを作る?
でも、そういうのは見てる人が面白くないよね・・・
じゃあ、一回だけで印象的なネタを作ろう!

ということで、できあがったのがこちらの作品です。

仕組み

VIVIWARE エンジニア、ニイヒデアキの朝は花の水やりから始まる。

じょうろを傾けると、傾きを検知したセンサーから信号が届き、お花が伸びてLEDが光り、メッセージが流れます。

製作

まずは、じょうろをつくります。

スチレンボードでじょうろの形に切ったら、裏に傾きを検知するVIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell Motion(以降、Motion Cell)を貼り付けます。

爆速プロト大会なので、すぐにくっつけられるマスキングテープ・養生テープが大活躍!

ここにはVIVIWARE Cell Buttonがリセットボタンとしてついていますが、
後でシェアするプログラムでは使っていません

つぎは、花が伸びる機構です。

アイスの棒と割り箸を使ってマジックハンドのような機構にします。

上の写真の青い部分の割りばしを固定していないのは、縮んでいる時と伸びている時で支える位置が変わるからです。

また、この電池は電力供給には使わず、全体を浮かないように&花の部分が重さで降りてくるようにするために使っています。

VIVIWARE Cell CoreVIVIWARE Cell Servoと電池パックは、鉢の下にまとめて設置します。

鉢の上から見たところ

プログラム

まずは全体像。

Motion Cellで傾きを検知し、一定の値(ここでは-20)を下回ったら、

  • サーボが動き、花が伸びる
  • 音が鳴る
  • VIVIWARE Cell LEDが光る
  • VIVIWARE Cell Message Boardに文字が出る

また、傾きが一定値を下回ったらリセットされるようにしています。

ぴかー!

プロジェクトシェア

久しぶりに社員が集まって、色々と話しながら一緒に手を動かし、それぞれの知識を活かして作品をつくることができました。

VIVIWAREでハッカソン、ぜひやってみてください!

本気の大人たち、製作中の一コマ

▼Instagram

View this post on Instagram

A post shared by VIVIWARE (@viviwarejp)

(Created by Hideaki Nii , Kazuhiro Maeda, Sunao Kogamemaru, and Rie Sakai. Written by Nui Taoka)

 

Share

share
close

Share