Example 2022.10.18

Thank you for the delivery! 置き配、OKです!

いつもありがとうございます
 こちらに入れてください!

タグ一覧 Tag List

使っているVIVIWARE Cell VIVIWARE Cell

  • Core
  • Measure
  • Motor Driver

その他使っているもの Other Parts

  • 付属の電池ボックスBattery Box (Included in the set)
  • 付属のモーターMotor (Included in the set)
  • 単3電池(4本)AA Batteries (4 pcs)
  • のりGlue
  • ダンボール
  • シリコンゴム紐
  • 付属の電池ボックスBattery Box (Included in the set)
  • 付属のモーターMotor (Included in the set)
  • 単3電池(4本)AA Batteries (4 pcs)
  • のりGlue

先日、90分でアイデア出しから製作完了までやる、という「VIVIWARE道場」を社内で開催しました!

バズる作例を目指して、いくつかのチームに分かれてアイデア出しから始めました。

その中で、私たちのチームが「バズる作例」として考えたのがこの「置き配OKです」。

最近増えた置き配、ただ置いて行ってもらうのは少し味気なく、「ありがとう」と伝えたらいいなと思ってできあがったのがこちらです。

仕組み

荷物が置かれたのをセンサーで検知したら、モーターが回ってハートが現れ、いつも荷物を持ってきてくださるおにいさん・おねえさんにに感謝の気持ちを伝えます。

荷物が取り除かれたらハートは消えます。

このハート、最初は「ハートが空中に出ると楽しいかも!」という発想から色々考えましたが、さすがに空中にハートを作り出すのはは難しいので、プーリーで実装しようということになりました。

また、2個のモーターを同時に回すとうまく動かないので、2個目のプーリーが動く信号が入ったら、一つ目は停止するように工夫しました。

荷物が置かれたらある一定時間だけモーターが回り(=ハートを出す)、荷物が取り除かれたら今度は反対側のモーターが一定時間回る(ハートが消える)わけですが、荷物を置いてすぐに取り出しても、同時に両方のモーターは回らないようになるのです。

プログラム

全体図は以下の通りです。

まずは、VIVIWARE Cell Measure(距離センサ)で、荷物が置かれたかしらべるために、Measure モジュールCompare モジュールを使って、20cmより近い位置になにかモノがあるか判定します。

これを近接信号とします。

次に、この信号を使ってMotor 1を駆動します。

Routine モジュールを使い、近接信号が発生した3秒間だけMotor 1を正方向に駆動します。

最後に、近接信号がなくなった瞬間にMotor 2を駆動します。

やはりRoutine モジュールを使い、近接信号が途切れてから3秒間だけMotor 2を正方向に駆動します。

通常の動作はこれだけです。

しかし、特別な場合のための処理が追加されています。

近接信号が発生して3秒以内に近接信号がなくなった場合、つまり、荷物を置いて3秒以内に荷物が20cm以上距離センサから離れた場合の処理です。

このように、近接信号が直ぐに途切れた場合にもRoutineからの信号は止まらないのですが、Activateにモジュールを繋ぐ事でMotor 1は回転しないようになっています。

同様に近接信号が切れて、3秒以内に近接信号が再度発生した場合にはMotor 2が回り続けないように動作が止まるようになっています。

プロジェクトシェア

 

(Created by Momoko Sato, Moe Sasagawa, Kazuyuki Kamata, Trevor Wood, and Shintaro Itamoto. Written by Hideaki Nii)

先日、90分でアイデア出しから製作完了までやる、という「VIVIWARE道場」を社内で開催しました!

バズる作例を目指して、いくつかのチームに分かれてアイデア出しから始めました。

その中で、私たちのチームが「バズる作例」として考えたのがこの「置き配OKです」。

最近増えた置き配、ただ置いて行ってもらうのは少し味気なく、「ありがとう」と伝えたらいいなと思ってできあがったのがこちらです。

仕組み

荷物が置かれたのをセンサーで検知したら、モーターが回ってハートが現れ、いつも荷物を持ってきてくださるおにいさん・おねえさんにに感謝の気持ちを伝えます。

荷物が取り除かれたらハートは消えます。

このハート、最初は「ハートが空中に出ると楽しいかも!」という発想から色々考えましたが、さすがに空中にハートを作り出すのはは難しいので、プーリーで実装しようということになりました。

また、2個のモーターを同時に回すとうまく動かないので、2個目のプーリーが動く信号が入ったら、一つ目は停止するように工夫しました。

荷物が置かれたらある一定時間だけモーターが回り(=ハートを出す)、荷物が取り除かれたら今度は反対側のモーターが一定時間回る(ハートが消える)わけですが、荷物を置いてすぐに取り出しても、同時に両方のモーターは回らないようになるのです。

プログラム

全体図は以下の通りです。

まずは、VIVIWARE Cell Measure(距離センサ)で、荷物が置かれたかしらべるために、Measure モジュールCompare モジュールを使って、20cmより近い位置になにかモノがあるか判定します。

これを近接信号とします。

次に、この信号を使ってMotor 1を駆動します。

Routine モジュールを使い、近接信号が発生した3秒間だけMotor 1を正方向に駆動します。

最後に、近接信号がなくなった瞬間にMotor 2を駆動します。

やはりRoutine モジュールを使い、近接信号が途切れてから3秒間だけMotor 2を正方向に駆動します。

通常の動作はこれだけです。

しかし、特別な場合のための処理が追加されています。

近接信号が発生して3秒以内に近接信号がなくなった場合、つまり、荷物を置いて3秒以内に荷物が20cm以上距離センサから離れた場合の処理です。

このように、近接信号が直ぐに途切れた場合にもRoutineからの信号は止まらないのですが、Activivateにモジュールを繋ぐ事でMotor 1は回転しないようになっています。

同様に近接信号が切れて、3秒以内に近接信号が再度発生した場合にはMotor 2が回り続けないように動作が止まるようになっています。

プロジェクトシェア

(Created by Momoko Sato, Moe Sasagawa, Kazuyuki Kamata, Trevor Wood, and Shintaro Itamoto. Written by Hideaki Nii)

Share

share
close

Share